厳粛な雰囲気で結婚を誓う|日本人らしい雰囲気の神前式で素敵な結婚式を行なう

日本人らしい雰囲気の神前式で素敵な結婚式を行なう

ブーケ

厳粛な雰囲気で結婚を誓う

新婦

早めに確認を

神社挙式は日本独自の挙式で、かつては最も多く選ばれていたスタイルです。式場やホテルに設けられた神殿を利用する人が多いですが、最近は神社や神殿の厳粛な雰囲気の中で三々九度の盃をあげて結婚を誓う、本格的な挙式が見直されています。雅楽の演奏の中、神職に導かれ境内を行列する参進の儀式や、巫女の舞が披露されるところもあり、厳かな雰囲気が新鮮に受け取られていることが人気の理由です。どこの神社でも挙式ができるわけではないので、希望するところがあるなら早めに確認する必要があります。大きな神社では式場が併設されているので披露宴も行うことができます。神社挙式は親族のみといわれますが、最近では神殿内にスペースがあれば親族以外でも参列することができます。

玉串を捧げる

神社挙式の中心は三三九度の盃をあげる三献の儀、誓詞奏上、玉串奉奠などです。これらの手順は事前にしっかりと確認しておきましょう。衣装は、挙式は白無垢で行い、披露宴では色打掛を着るのが普通でしたが、最近では挙式で色打掛や黒引き振袖を着る人が増えています。神社挙式の席順は、神殿に向かい右側が新郎側、左側が新婦側の席となります。上席から父母、祖父母、兄弟と血縁の深い順に座るのが一般的です。玉串の捧げ方は、まず右手で玉串の枝元を持ち、左手で葉に近い方を下から支え、胸の高さに捧げ持って前に出ます。続いて玉串案の前で一礼し、右手を返しながら葉先を前方に向けます。左手を枝元の方にずらし右手で葉元を持ち、玉串を時計回りに回します。最後に枝元の方を正面に向けて玉串案に捧げます。